ギター・マガジン 2020年 9月号 特集「シティ・ポップと夏。~とろける極上ギター・ソロ篇」を予約する


2020-08-01_1035.png

アマゾンの説明
『ギター・マガジン 9月号』の特集は「シティ・ポップと夏。〜とろける極上ギター・ソロ篇」。今回は夏のシティ・ポップ・チューンの中から、ギター・ソロが素晴らしいものを徹底リサーチ。大村憲司、鈴木茂、高中正義、山下達郎など。ギター弾きが大好きなカッコいいギター・ソロと、そのプレイの裏側に潜む「夏の成分」を徹底的に分析。8月12日発売


というわけで
先日、古〜いギターをリペアしてもらうように楽器屋さんに頼んだのですが
それはポール・マッカートニーの「カリコスカイ」を弾くためのもので。。。

この『ギター・マガジン 9月号』って、ギターがきたら色々使えるのじゃないかなーと
買う方向で、考えている自分が怖い。

今は、全くシティじゃないけど、一応僕は人生の半分以上はシティで生活していたんだ。
けど「シティ・ポップ」なんてコピー聴いたことないのは僕だけ?
そーいえば一時期マッドネス「ホンダ・シティ」に乗っていた。
まーそんなわかりやすいジャンルだと思う。
そして
高中正義はすごい売れていた。達郎氏のスパークルもめちゃかっこよかった。
スパークルのリフは、エレキだよね。(^_^;)

古いギターではシティにはなれそうにないけど

この特集号は買います (^-^)









スポンサードリンク