ポール・マッカートニー「フレイミング・パイ デラックス・エディション」今回はスルーで (^_^;)

ポールの「デラックス・エディション」シリーズ、今回は「フレイミング・パイ」というわけですが 今月末の発売日も近くなって、とりあえずスルーしようかなと思っているところです。 「フレイミング・パイ デラックス・エディション」(完全生産限定盤)(2DVD付) お値段も34,277円!高いよね。 しかも最近ディラン買っちゃったし。。。 そんなわけで、アルバムから「Beautiful …

続きを読む

ポール・マッカートニーのアーカイヴシリーズ次回は「フレミングパイ」か?

ビートルズの名前は夢の中で燃えさかるパイ(フレミングパイ)に乗ってやってきた人に、君たちはaを使ったbeetlesと言われたのが由来だ(ジョン・レノン) ポール・マッカートニーが、「Young Boy EP」を本日6月12日からデジタル/ストリーミングでリリースしています。 「Young Boy EP」には、1997年アルバム「Flaming Pie」の収録曲でスティーヴ…

続きを読む

No-image

ビートルズの新ドキュメンタリー『The Beatles: Get Back』(監督ピーター・ジャクソン)北米公開日決定!

またビートルズの映画ができる!監督は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン とこのブログに書いたのが、2019年02月01日、月日はあっという間にすぎて行きます。 そしてこの記事 ビートルズの新ドキュメンタリー『The Beatles: Get Back』(監督ピーター・ジャクソン)北米公開日決定 となったようです。 北米では202…

続きを読む

ポール・マッカートニーが大好きなら「リハーシング・ザ・マルチヴァース」 フェイマス・グルーピーズ は 必聴か !

amazonの内容紹介より ここまで「ポール」にフォーカスした男がいただろうか? 「レッド・ローズ・スピードウェイ」を模したジャケも相当素晴らしいが、中身はそれ以上に素晴らしい! ポールの「らしい」部分を集約した曲ばかり。 「あるある~」と笑みがこぼれるサウンド満載。 リンダらしき、デニーレインらしき、 そしてアコースティックなポールらしき。。。美…

続きを読む

Paul McCartney「Man We Was Lonely」ポール・マッカートニーの極め付きじゃない名曲14

1970年にポール・マッカートニーが発表した楽曲。アルバム「マッカートニー」に収録されている「Man We Was Lonely」邦題が「男はとっても寂しいもの」 久しぶりの定番企画?ポール・マッカートニーの極め付きじゃない名曲NO.14です。 進学してから、ポールの最初のソロ「マッカートニー」を買ったのは単純に、ビートルズのいわゆる名曲のほとんどを手がけてきたポールの作…

続きを読む

レッド・ローズ・スピードウェイ (デラックス・エディション)が届く

最近更新がない (^_^;) 人気?企画 「ポール・マッカートニーの極め付きじゃない名曲」 そーいえばレッド・ローズ・スピードウェイからの選曲がない?と思っていたら ポール・マッカートニーの極め付きじゃない名曲13で このアルバムに収録されている超名曲「Little Lamb Dragonfly」を紹介していました。 そんなわけで 今回…

続きを読む

ポール・マッカートニー&ウイングス「レッド・ローズ・スピードウェイ(デラックス・エディション)」が届く前に。。。

多分今日・明日に届くと思われる「レッド・ローズ・スピードウェイ」のデラックス・エディション 発売予定日の昨日12月7日、例によって、amazon musicで配信されていました。 配信されているのは、2CDエディションの27曲 CD1 1. ビッグ・バーン・ベッド 2. マイ・ラヴ 3. ゲット・オン・ザ・ライト・シング 4. …

続きを読む

スポンサードリンク